PAOO

先週は、通常の木曜日の休診日を金曜日に入れ替えて
PAOOの講演会に行ってきました。
日本的に訳すと、外科処置を併用した急速矯正処置ということになります。
頬舌側の歯肉を剥離して、歯と歯の間の骨を穿孔(穴を開けたり)し、
その上に人工骨を移植するという方法です。
このことによって、矯正治療期間の短縮が図れます。

歯槽骨に対する外科処置と歯の移動を併用するという考えは、
以前からあったようですが、
これまでの研究報告をもとに、
治療期間の短縮と歯槽骨の増大が同時に行える方法として、
今回の演者であるDr.WilckoがPAOOを発表しました。

聞いてみての感想は、いろいろなことを感じましたが、
確実に治療期間が短縮できるとすると、
我々矯正治療をする側にとっても
それを受ける患者さん側にとっても
大きなオプションとなることでしょう。

そして今後長期にわたる研究も必要でしょう。

有意義な一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック