G1クライマックス

G1といっても、競馬ではありません。
2年ぶりの新日本プロレス観戦です。

今回は後藤洋央紀選手の試合を初めて見ました。
中西学選手との試合でしたが、全体の印象は「中西デカイ!頑丈!」
後藤選手もかなりデカくなったようですが、中西の体は日本人離れしてます。

最後の最後まで中西優勢で進みましたが、試合のクライマックスで
徐々に後藤選手が見せ場を作ってゆき、
初めて見る”昇天・改”(前々から気になるネーミング)にてフィニッシュ。
かなり重そうな中西選手にきれいに決めてみせました。

変化した点は、いつの間にか、選手の試合前のコールは入場ゲートからリングインするまでに行われ、
二人がリングインすると試合が始まるWWEでよく見るパターンになっていました。
観客の方も女性が比較的多かったような気がします。
エースの棚橋選手が分かりやすいキャラをこれからも確立していけば、
女性ファンや子供さんのファンも増えていくのではないでしょうか。

今は入場ゲートでつぶしてしまっている府立体育館の観客席が、
すべて観客で埋まる日がまた必ず来ます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック