マラソンシーズン一段落

春めいてまいりました。院長です。

3月までのマラソンシーズンも一段落。

今年は、京都マラソンで好成績をあげようと
意気込んでいたのですが、すっかりガス欠してしまい
4時間20分という成績に沈んでしまいました。
(途中ランナーストップということで、6分程止められましたが)

練習で、京都マラソンの2週間前に出場した
岡山の吉備路マラソンでは、3時間50分程でしたので
久々の40分台を出して、気持ちよく終わろうと
思っていたのですが、朝ふとしたことから腰痛に
見舞われたことが影響したのかもしれません。
25キロを過ぎると、それまでのキロ5分ペースが
まったく守れず、歩いたり走ったりという状況でした。

なかなか昼間は練習の時間がとれず、
なんとか仕事の行き帰りの通勤ランで
2月は月間300キロ走ったのですが、
練習の内容的には、ただ単にジョグというのが
まだまだ多いのが現状です。

最近読んだ猫ひろしさんの著書にも書いてあるように
うまくペース走やビルドアップ走を取り入れて、
走力が能率よくアップできればなあと思います。

とはいえ、走ることで
気分転換になりますし、
走っているときに仕事のアイデアが浮かぶことも
たくさんあります。

また、今回一緒に出場した同級生の森川先生と
京都マラソン後に旧交をあたため、
食事をする機会があったように
人間関係も広がります。

昨今のマラソンブームの中
皆さんもどうぞ、お花見ランにくりだしてみてください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック